スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.24 「Fuckin'花粉症 を考える」

(注: 作者急病のため今回はいつもより電磁波多めでお送りします)
●「ダー! ダー! ダー!!」「ドゥー! ドゥー! ドゥー!!」「DE ダー! ダー! ダー!!」(注: 新しい挨拶ではない) これは何かと言うとその昔ヒットしたTHE POLICE の名曲(しかも日本語版の方)なのだ。当時は海外のアーティストがのきなみ日本語で歌うのが流行ったらしい。まあ今で言うとOASISがゴダイゴの曲を歌う感じか?(注: 全然違う) ……(しばし沈黙後) ウォー!!!!! 目がかゆいぃぃーー!!!!! 鼻がつまるぅぅーー!!!!! ティッシュの消費量が凄いぃぃーー!!!!! (中高生並み) ヤダー!! ヤダー!!てな具合で皆さん大変なんですよ!! いま僕は『花粉症』にやられてる訳なんです。なんなの!? あんたは!? おぅ! おぅ! おぅ! (モーニング連載「百人物語」の主人公の歌より抜粋。ちなみに現在は「ひどいよ沼二郎」に代わってしまった) もう毎日が戦争だよ!! 本当にひどいんだからYO! YO! YO! 言葉よりぃ~♪

●あれはその昔、高校の体育の授業でマラソン大会があった時、クシュンクシュンとくしゃみが止まらず「あれ、なんかおかしいな?」と思ったのが実はそれが花粉症の始まり。学校のホームルーム中、ナナメ向かいの女子が今朝はまだ来てない事にふと気付き「あれ、あいつ今日学校来てないな。もう1時間目始まるぞ……」と教科書を準備しながら頭の中はその子の事でいっぱいだったりすると、実はそれが恋の始まり。くぅぅーー!! ちょっと話がそれたね。んでもってそれ以来、毎年季節の変わり目になると花粉症に悩まされてしまうのです。ちなみにハヤシ家は全員「花粉持ち(注:花粉症キャリアー)」なので、この季節は必ず『My・フルナーゼ点鼻液』を一人一人ケータイするんですねー。それにしてもこの原稿書いてる今もすんごいよ。一体オレが何をしたっていうの? こたえてちょーだい!! こたえてちょーーだい~♪ あっそう言えばこないだキクちゃん(注: フジテレビ菊間アナウンサー) と一緒に弁当食べてる夢を見たなぁ……全然関係ないけど。でもそれ以来テレビでキクちゃんを見るとちょっと意識しちゃうんだよねぇ(ポッ) 。それにしてもこの花粉症地獄からどうにか脱出する術はないものか。

●そんな時「《鼻孔拡張テープ》なるものがあるらしいぞ」という話をドラゴンナーッシュ!! の降谷君から聞いたので(ウソ) 一体どんなものか、早速ドンキホーテまでチャリを飛ばして行ってみました。そして一目散に薬局コーナーへ。ありました。ありましたよ!!(誰?) その名も『ブリーズライト』が!! 箱には「貼るだけで鼻の通りを良くし、いびきも静かに」とのキャッチコピーが!! 「おぉこいつは頼もしいぜ!!」と思い、あと同時に「おぉちょっと高いなぁ…(印税生活の割には)」と思いつつ早速買ってみたさ!! そして一刻も早く我らが救世主『ブリーズライト』がいかほどのものか試したくてダッシュで家に帰ったさ!! その時のハヤシ青年のチャリを飛ばして帰る光景は、まるで少年時代の、初めてエッチ本を買った(決して近所ではない) 本屋の帰り、隣町から家まで一心不乱にペダルを回転させた、あの日の光景に近いものがあったと言う……(遠い目) って、またそれたか。そんでもって速攻家についたさ!! そしてドキドキしながらそっとビニールをはがして……まず1ページ目を…って、そっちじゃないよね!! またそれたね。箱を開け、絆創膏のように入っているブリーズライトを一枚ペロリとはがして装着!! シャキィィーーン!! (気分はもちろんウルトラセブン変身時のウルトラアイを着ける心構えで) そうすると……オオオオォォォォーーーー!!!!! スゴイィィーー!!!!! スゴイヨォォーー!!!!! これはスゴイ!! 『偏差値40からの大学受験』くらいスゴイ!! いやマジでちゃんと鼻孔が広がって呼吸ができる!! 鼻が通る!! 通る通る!! そうる透!! (さすがにこれはウソ)

●まあそれにしてもブリーズライトの効き目のすごい事すごい事。ルックスもイケてるジャン!! これでオレもTMCに出れるっちゅーねん!! 早速次の日、ブリーズライトを装着し、J-PHONEのコマーシャル曲を口ずさみながらメンバーに「どう?俺って降谷君みたいじゃない?」と聞いたところ「……(しばし沈黙後) ああ、まずその髪型とメガネを止めやがれ」だってさ!! くぅぅーー!! キビシィィーー!! (もちろん財津一郎のポーズで) それにしても花粉症にかかる人と全くかからない人と、この差は全く何なんだ!! 日本国民の5人に1人が花粉症感染っていうけど、アンタにこの気持ちわかるかな~わかんねえだろうな~(もちろん松鶴家千とせのポーズで) かかった人しかこの辛さ、わかんないよねぇー。……(しばし沈黙後) ああああ、もう!!!!! か,花粉症とゴ,ゴキブリのない世界があったら行ってみたいなぁぁーー!!!!! か,花粉症とゴ,ゴキブリを寄せつけない家があったらオレが探訪したいぃぃーー!!!!! 渡辺篤にかわってぇぇーー!!!!! うおおおぉぉーーFuckin'花粉症!!!!! Fuckin' Xmas!!!!! ニューロティカ!!!!! 名曲!!!!! PVも面白い!!!!! ああああーー花粉症苦しいよぉぉーー!!!!! もう死ぬぅぅーー!!!!! ドォォーーーン!!!!! (注: これ以上は作者危険とみなし今回はこの辺で終了します)そんな訳でまた隔週ー!!
スポンサーサイト

Vol.23 「ラーメン二郎 を考える」

●オイス!! ノイズ!! アインシュツルテ……んー……ノイバウテン!! そんな訳でトイス!! みんな元気かー!! 元気くんハイ!! たけし君ハイ!! ……。「リーダー最近疲れてるの?」「ぜんぜん(膳膳)!! それよりあのプレゼントの真ん丸の製氷機ほしいねー!!」と、こんな風にお疲れのアナタはすぐさま病院へ行こう!! 病院へ行こう2!!ってな訳で最近のポリシックスはまだずっとレコーディング(&短期アルバイト)をやっておりまして、さすがにお疲れモード突入!! メンバーの仲も倦怠期突入!! 昼スタジオに集合して夜中帰るまで誰とも口を聞かない日々が続いております。そんな中、リズムトラックをとりながらついつい頭に浮かぶものがありまして、それが何を隠そう《ラーメン二郎》だったりするのさ。という訳で今回の『目がテン!』は《ラーメン二郎》を科学したいと思いまーす!! レッツインダストリアル!! ガキィィーーーン!!

●一体《ラーメン二郎》ってどんなんでんかんでん!? と思いのアナタ、行った事・食べた事のある人ならわかってくれると思うけど、ありゃ凄いよ!!!!! 巷に溢れるラーメンのみそ/しょう油//トンコツ/塩とかそんなんじゃなくて、あれそのものが「二郎」っていう新しいジャンルだね。「二郎」っていう(なんで2回言う?) どんだけ凄いかって言うと、まず初めに麺が凄い!! 細麺/太麺/ちぢれ麺といった枠を軽~くひとっ跳びした超太固麺!! これはねー、初めて食べた時にこれまでの麺に対する固定観念を思いっきし覆されちゃったよ。例えるなら筋肉少女帯の「シスターストロベリー」を初めて聴いた時の様な、まさにあの感じ!! 続いてスープ!! こいつも凄いよ!! さっきも言ったけどもう味そのものがみそやしょう油と並ぶ「二郎」っていうジャンルだから。「二郎」っていう(なんで2回言う?) ベースには確かにしょう油ダレがあるんだけどそこには他にも色んなものがミクスチャーされてて、その中でも特にどの要素にもひけをとらないのが油加減!! これがもう超フロア向き!! 例えるならハードフロアの1st「TB RESUSCITATION」を初めて聴いた時の様な、まさにあの感じ!! そして最後にボリューム!! これがもう最高に凄い!! 例えるならアースシェイカーのドラムセットの様なボリューム、まさにあの感じ!! これら麺/スープ/ボリュームが三位一体となって繰り広げる世界は、例えるならキング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」を初めて聴いた時の様な、まさにあの感じ!!

●思い返せば、あれは初めて二郎に食べに行った時の事。食券売り場の『初めての方は「小」でお願いします』という貼り紙を見て、従うまま「小」を注文したところ、出て来たラーメンを見て思わず「えっこれが小!?」とマジでツッコミを入れてしまう位、ここんち(ファッション雑誌用語)のラーメンはとにかく凄いのだ!!(当然,不覚にも食べ残してしまった) それからというもの毎回「小」にチャレンジしては一度も完食できない始末。その度に「む無念……また残しちゃった(泣) ごめんね二郎」と店の主人に向かって(勝手に二郎だと思い込み)申し訳ない表情で店を後にするのだが、こないだいつものようにスマソ顔で店を出ようとした時、ナナメ横に座っていたOL風女性達(意外にも女性客が多い)が全部たいらげようとしている姿が!! その時僕の脳裏に浮かんだのは、中学校のマラソン大会で当時好きだった女の子に抜かされた瞬間ふと「あっ」と口から出てしまい、後からその子に『人に向かって「あっ」はないよね、「あっ」は!!』と激怒された、あの思い出したくもない青春の一コマであった……。

●とにかくジャンク!! って言葉がピッタリくるんだよ、二郎には。凄くジャンク、いい意味でね。巷のカフェめしブームの影響を受けてだか何だか知らんがスタイリッシュなラーメン(店)がどんどん生まれる昨今、ラーメンが本来持っているジャンク感が失われつつある今だからこそ、ラーメン二郎に行くとなおさらあの感覚が呼び戻され研ぎ澄まされていくんだよねー、うん。そんな現代人が失ってしまった感覚を呼び戻したいかの如く、近所の通い付けのラーメン二郎には今夜も蟻の群れの様に客足が途絶える事がない。「ふっ、アンタ達も好きなんだな、ジャンク」と心の中でつぶやきながら自分もその中に混じって食べたりする(そして食べ残す)訳でねー。いやー好きなんですわー。ああ、そんな事を考えてたらまた食べたくなってきちゃったよ。ゴテーッと麺にからまるスープ!! ものすごい量の野菜!! ギラギラの油!! そして食べ終えた後のこの上ない後悔!! 「やっぱ食べすぎたっっーー。うぅ、もうしばらくは良いや……」と、ここまでが二郎なのだと。家に帰るまでが遠足なのだと。まあ敢えて一つナシを挙げるならば、最近店内のBGMでよくかかっている「ビートルズ・トリビュート」……うーんこれはナシでしょ!! そんな訳でみんなもぜひ食べてみてくれ(クッキングパパの顔マネで)!! あっちなみに二郎はお店ごとに全然味が違うので注意!! そんな訳でまた隔週ー。次回は《なんでんかんでん》をお送りしまーす!!(ウソ)
プロフィール

884

Author:884
ストップ!! びばりさん!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。