スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.20 「涙の理由(わけ)を考える」

●ヨーソロー!!(SHAKAの大熊がマネする長渕マニアのマネで)ヨーソロー!! みなさんお元気ですかー!! ポリシックスのハヤシと申す(エラそうに)。お前がー舵をとれー!! 年明けムードもどこへやら、皆んな普通の生活に戻って「嗚呼、正月って良かったなぁ…」とか思ってるでしょ?(「だからどうした!」とか言われてる気がするけど)そんな中、鍛えているかい、お前の体を?割っているかい、お前の瓦を?抱いているかい、お前の悦子を?ポリシックスはドラマ主演に向けて現在山ごもりの真っ最中だ!! そして、さあ見てくれ、今回のお題を!「この意味深なタイトルは一体どういう事なんだ?」「坂本ちゃんの賞味期限は今年も大丈夫なのか?」とお思いの貴方、お答えしましょう!

●いやぁーなんかここ最近、TOSHI(あのTOSHIではない)なのか何なのかわからないのだが、ヒジョーに涙もろくなってしまった気がするんですよー。それに気付いた事の発端が去年の『24時間テレビ』で放送した番組で、モー娘。のなっち主演の感動ドラマがあったですよ。やっぱ、なっちダベー(SHAKAの植松のマネで)内容は、なっちが白血病にかかり、それでもなお逞しく生きようとする(結局なっちは死んじゃう)、言わば「生きていく為の強さ」を視聴者に訴えかける、そんなドラマだった気がする(気がするのかよ!!)のだが、そのドラマを見て何と!! 不覚にも大泣きしてしまったのだ!! ハズカシー!!(財津一郎のマネで)しかもわんわん泣いてしまった!! めっちゃクヤシー!!(水ゴリラのマネで)そもそも『24時間テレビ』なんて小さい頃からあまり見てなかったし、さらにあの武道館カラオケ大会と「サライ」が導入されてからはもっと見なくなってしまって、そん時はたまたま4チャンネルをつけっぱなしにしてただけなのだがねー。不覚にも号泣してしまうとは…。ボランティア番組なんてむしろ苦手だったのに…あっそう言えばその昔『欽ちゃんのラジオチャリティー・ミュージックソン』だけは父ちゃんと行った記憶が…その時貰った欽ちゃんのシール(イラストはもちろんby針すなお)が実家の冷蔵庫と押し入れにずっと貼ってあったなぁー…(遠い目) 一体これはどういう事なのか!? 多分これはTOSHI(あのTOSHIではない)のせいではないのか?

●いや本当に自分でも不思議なくらい、今まで映画やドラマでは全くと言って良いほど泣いた事がないのですよ(単に見ないだけという噂もあるが)。はっきり覚えているのはせいぜい3回くらいで、まず1度目は月曜ドラマランド『キップくん』(原作:植田まさし/主演:前川清)で前川演じるキップくんが子供に列車のプラモデルをプレゼントしたらその子がプラモを床に叩き付けたシーンで号泣!! 一緒に見ていた家族に「えっ,こんなんで泣くか?」とマジ顔で引かれた。2度目はアニメ『トランスフォーマー』で隊長コンボイが敵にやられるシーンで泥泣き!!「えっこんなんでも泣くのか?」とまた言われた気がする。そして3度目は映画『ドラえもん/のび太の海底鬼岩城』でバギーちゃんが身を投げるシーンで一晩中嗚咽!! (さすがにこれは泣くよね?)

●自分の23年間の歴史の中でも本当に泣いたのはまあこれ位だったのが、その『24時間テレビ』以降なんだか様子がおかしく、こないだなんかマンガ『美味しんぼ』のちらし寿司の話でも不覚にも泣いてしまった。あと今年の正月に実家に帰った時に見た『電波&雷波スペシャル』の「鮒子のVIVA★タダ食い」でもわんわん泣いてしまった!! そん時に「あーこりゃマジで涙もろくなったなぁ」とつくづく実感してしまったよ。でもあれは泣くよねー?だって鮒子があんなに苦労して式場見つけて扉を開けたら、何と婚約者の「鮒男」がいるんだよ!! 「鮒男」て!! あれは本当に泣き笑いした(笑い泣きじゃなくて泣き笑い)うーん、こうして原稿を書いてるうちにも、思い出してしまって涙が何だか出てきそう……。やはりTOSHI(あのTOSHIではない)のせいか涙腺がゆるくなっ…て…き…た…のか…も…。うっ…うっ…ひぐっ…そん…な訳で…ま…た…隔…週……。ツネ? おいツネ!! ツネーーー!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

884

Author:884
ストップ!! びばりさん!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。